スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秘められた剣

 前回レシピを載せたので、今回はその剣闘獣の隠れたヒミツを公開しようと思います。少し難しいかも知れませんが、できるだけわかりやすく説明しようと努力しますのでどうか最後までご覧ください。

 <剣闘獣のヒミツ その1>
 剣闘獣は「このカードが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時にこのカードをデッキに戻す事で、デッキから「自身と同名カード」以外の「剣闘獣」と名のついたモンスター1体を自分フィールド上に特殊召喚する。」という効果を持ったモンスターカードが大半を占めます。YOでは戦闘を行った剣闘獣が複数同一フィールド上に存在する場合、バトルフェイズ終了時(エンドステップ)に効果を発動するかしないかの選択窓が出る順番が、プログラムで強制的に決められています。(OCGでは発動できる順番は任意)
どうでもいいような事にも思えますが、これはとても重要なことなので覚えていて絶対に損はありません!

      <剣闘獣 発動優先度 早見表>

 アレクサンデル 1
 スパルティクス 2
 ムルミロ 3
 ベストロウリィ 4 
 ラクエル 5
 ホプロムス 6
 ディカエリィ 7
 ゲオルディアス 8
 セクトル 9(2体特殊召喚する効果)(自身で戻る効果を持っていない)
 ダリウス 10
 トラケス 11(ドローする効果)
 レティアリィ 12
 ガイザレス 13
 エクイテ 14
 サムニテ 15
 オクタビウス 16(手札を捨てる効果)(このカードの優先度は異質である)
 ラニスタ ?(現在未実装のため検証不可)

 アンダル (自身で戻る効果を持っていない)
 ティゲル (現在未実装)(自身で戻る効果を持っていない)
 ヘラクレイノス (自身で戻る効果を持っていない)
 Gladiator Beast Essedarii (現在未実装)(自身で戻る効果を持っていない)

 カード名の右に書いてある数字がその優先度を表します。数字が若ければ若いほど、その優先度が高くなります。この事から次のような現象が起こります。
 「自分の場にムルミロとベストロウリィのみが存在し、2体とも戻る効果を発動する場合、メイン2でガイザレスを出すことができない」なぜならベストロウリィが出せないからです。ムルミロの優先度がベストロウリィよりも高いので、制限カードのベストロウリィがデッキ戻るよりも先にムルミロが戻ってしまうのです。この現象はベストロウリィの相方の優先度が3以上で起こり、優先度が5以下で起きません。この事だけでも頭に入れておけば、きっといつか役に立つ時がきます。剣闘獣を自分が使わなくても、相手が剣闘獣を使ってきた時にこの事を知っているのと知らないのとでは雲泥の差が出ます。

 <剣闘獣のヒミツ その2>
 ガイザレスの効果で2体同時に剣闘獣が特殊召喚された時、強制的に発動する「エクイテ、ムルミロ、オクタビウス、ティゲル」任意で発動する「ダリウス、ラニスタ」任意効果よりも強制効果から先にチェーンブロックを組みます。双方が強制効果または任意効果である場合は特殊召喚する2体のうち、先に選択した方から先にチェーンブロックを組みます。このプログラムを利用すると以下のような事ができます。
 例えば「同時特殊召喚時にムルミロを①にエクイテを②という順番で選択すると、ムルミロ1、エクイテ2とチェーンブロックを組む。そうすると相手はムルミロの破壊効果に対し《我が身を盾に》や《スターダスト・ドラゴン》などを発動することができなくなる。」なぜならそれはムルミロの効果に強制的にエクイテの効果が重なってくるからです。(クリッターをリリースし帝モンスターをアドバンス召喚した時と類似)ムルミロを先に選択する事と、その相方が特殊召喚時に発動する誘発効果を持っている事さえ守れば、どんな組み合わせでも同じ事が可能です。

 <剣闘獣のヒミツ その3>
 ダリウスの効果で特殊召喚したモンスターは、ダリウスの効果によってそのモンスターの効果が無効化されます。その事からこのカードで蘇生した剣闘獣の効果が発動した時の効果解決時にこのカードが存在しない場合、発動した効果は無効化されないです。つまりベストロウリィやムルミロを蘇生してその効果が発動した時に、月の書でダリウスを裏側表示にすれば無効になるばずの効果が有効になります。1度裏側表示にしてしまえば、ダリウスとの関係が途切れ、以後ダリウスがフィールド上から離れても、そのモンスターがデッキに戻ることはなくなります。蘇生される前に《奈落の落とし穴》等でダリウスがフィールドから離れても同じことが起こり、関係も途切れます
 ガイザレスの効果でムルミロ、ダリウスを特殊召喚し、ムルミロの対象をダリウス、ダリウスの対象を墓地の強制効果の剣闘獣とした場合のチェーンブロックはムルミロ1、ダリウス2となるので、ダリウスで蘇生した次にムルミロ効果でダリウスを破壊します。ここでダリウスとの関係は続いているので蘇生モンスターはチェーンブロックを作らずにデッキに戻ります蘇生されたモンスターが強制効果の場合ここで改めて効果が発動します。この時ダリウスが存在しないため、効果は無効化されません

 <教科書に書いていないこと>
 遊戯王でいうと「テキストに書いてないこと」w テキストを読んでもルールがわからないことは本当にあります。カードとカードの組み合わせによって、できるできない様々です。裁定というコナミさんの決定1つで「強かった」「弱かった」そんなカードはたくさんあります。馴れないうちは「する」と「できる」の違いなど、色々難しく苦労すると思いますが、YOは自動で処理してくれるので何度もデュエルをしていればそのうち理解できるでしょう。飽きるほど同じカードを使い込むと、また新しい何かを掴めるかもしれません。

jikken.jpg
 

遊戯王ONLINE・攻略ブログ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

素晴らしい!きめるさんは、賢人だと確信しました‼

いつも閲覧感有難う御座います

賢人だなんて私にはもったいなさ過ぎるお言葉です><
プロフィール

キメル@3173

Author:キメル@3173
遊戯王オンラインしてます!

目指せランキング1位
遊戯王ONLINE・攻略ブログ
送料無料でパス購入
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
ツイッター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
YOリンク
ネットショップ
おすすめ無料ゲーム
資料請求・無料
お得プラン
フリースペース
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。